リピーターを作る

それではまず、マーケティングオートメーションというのがどのようなもののことを言うのかについて紹介します。名前の通り、マーケティングの自動化を行うことがこの方法のポイントとなりますが、中心的にはどのようなものが用いられているのでしょうか。マーケティングオートメーションが活発に行われるようになってきた背景には、マーケティング自体にインターネットが利用されるようになり、電子デバイスによるものが中心になっていることが挙げられます。電子デバイスによるマーケティングの場合、様々なデータをそこから集積することが出来、1つのビッグデータとして管理をすることができるようになりました。

例えば、広告を目的としたマーケティングの方法について考える際に便利なのが「メールマガジン」です。これはインターネットの黎明期からよく取られいてる方法ですが、要するに登録をしてくれた顧客に対して定期的に自分たちの新サービスや新商品についての情報を送信する、というものとなります。登録をしてもらっている時点で好意的に見られている場合が多いため、こういったメールを元にしてさらなる購買に繋がることも多く、リピーターを増やすために効果的なオートメーションとなります。

 

情報を集める

それでは次に、インターネットを利用することによって「情報を収集」する方法について紹介します。こちらについては、自社サイトなどを作成し、そこでマーケティングを行うということが前提となります。自社サイトというのは様々な情報を自分たちの視点から紹介することができる非常に重要なマーケティングスポットですが、同時に、自分たちの視点からの情報収集を行うことができるという点でも優秀な効果を持っています。

特に重要な方法となるのが「アクセス管理」です。自分たちのサイトに対して、どのような人たちがアクセスをしており、その人たちがどれだけの時間滞在し、どのページを多く見たのか、そしてその結果商品の購入やサービスの利用に至ったのかどうか、ということがこのアクセス情報から解析することができます。マーケティングオートメーションは顧客の行動を可視化することができようになるのです。

もし、アクセス数に対してサービスの購入や提供に至っていないケースが多いという場合には、自社サイトのアピール方法に何かしらの問題が有る場合が多いでしょう。こういった状態は「アクションに繋げにくい」状態と呼びます。そもそもアクセスが少ない場合については、SEO対策によってアクセス者が少ないことを改善することが第一歩となります。

マーケティングオートメーションの秘訣

サービスや商品を提供することが目的となっている仕事に取って、重要なポイントの1つとなるのが「マーケティング」です。マーケティングというと、一般的には広告活動のことを指している場合が多いですが、実際には広告として自分たちの活動を伝えるだけがマーケティングではありません。同時に、顧客がどのようなものを求めているのか、という情報収集を行うことも重用なマーケティングの1つとなっています。

このマーケティングについて考える場合、自分たちの業態がどのようなものであるのか、というのもやり方に大きな影響を与えるポイントとなります。サービス・商品を提供するタイプの業務には大きく2つの種類があります。1つは「BtoB」と呼ばれる種類です。Business to Businessの頭文字を取ったもので、要するに、業務向けのサービスや商品を提供するスタイルのことを言います。もう1つは「BtoC」と呼ばれる種類です。こちらはBusiness to Customerの略称であり、一般的な顧客を対象にしてサービスや商品の提供を行うビジネスのことを言います。

どちらの業務であるにも関わらず、自分たちのサービスについて告知し、要求されているサービスについて把握するためのマーケティングを行わなければなりません。しかし、当然ながらこのマーケティングにも人員やコストが必要となります。ここではそれを軽減するための「マーケティングオートメーション」を考えます。