マーケティングオートメーションの秘訣

サービスや商品を提供することが目的となっている仕事に取って、重要なポイントの1つとなるのが「マーケティング」です。マーケティングというと、一般的には広告活動のことを指している場合が多いですが、実際には広告として自分たちの活動を伝えるだけがマーケティングではありません。同時に、顧客がどのようなものを求めているのか、という情報収集を行うことも重用なマーケティングの1つとなっています。

このマーケティングについて考える場合、自分たちの業態がどのようなものであるのか、というのもやり方に大きな影響を与えるポイントとなります。サービス・商品を提供するタイプの業務には大きく2つの種類があります。1つは「BtoB」と呼ばれる種類です。Business to Businessの頭文字を取ったもので、要するに、業務向けのサービスや商品を提供するスタイルのことを言います。もう1つは「BtoC」と呼ばれる種類です。こちらはBusiness to Customerの略称であり、一般的な顧客を対象にしてサービスや商品の提供を行うビジネスのことを言います。

どちらの業務であるにも関わらず、自分たちのサービスについて告知し、要求されているサービスについて把握するためのマーケティングを行わなければなりません。しかし、当然ながらこのマーケティングにも人員やコストが必要となります。ここではそれを軽減するための「マーケティングオートメーション」を考えます。